バリ島。ビザ更新の作業3

スポンサーリンク



1人で書類を提出して来い!と言われ、真に受けて1人で来なくてよかった!
↓これだけの書類を集めてイミグレに向かった!

10時にヌサドゥアの仕事を終えてからジンバランのイミグレへ向かう。
いやーラッキーだった。そんなに混んでない!5分ほど待ったら自分の番号が呼ばれた。
5番カウンターの職員のところに向かう。

全然コピーしてなかったらしく。笑
あれもこれもそれも!とコピーの嵐よ!

イミグレの後ろの方にあるコピー屋さん。3枚2000ルピア。

いっぱいのコピーを持参して5番カウンターに向かう。そしてコピーが足りないらしく、記入してない書類もあるらしく、手分けして私は簡単なコピーで再びコピー屋へ。

コピー屋も混んでてやっと自分の番が来て、イミグレに戻ったら、次は彼に「収入印紙を買ってきて!」と言われ

ねーねーねー。なんでさっき言わないの?

なんでも無駄なく時間を使いたい私と今、目の前の事だけしか頭にない彼とはいつまでもこんなことで言い合いになる。
収入印紙の名前がわからないから紙に書いて!とそれを持参でまたまたコピー屋へ。

6000ルピアの収入印紙7000ルピアと言われたけど、手数料取るのか?

何度も5番カウンターの往復をしてやっと最終段階の、すべての書類をホチキスして2部作って来いと!

またまたまたコピー屋へ行くと、うちではやらないからと近くのコピー屋を教えてもらった彼。

イミグレからヌサドゥア方面にバイクを走らす。ヌサドゥア手前のガススタ通過して徐行する彼。
ブツブツ言いながらUターンして今度はジンバラン方向逆向きにバイクを走らせ、ジンバランのガススタ付近で徐行する彼。

長い付き合いなので聞かなくても察知した。

こっちの人って人に説明する時、相手にわかりやすく説明するんじゃなくて、自分の知ってる自分の解釈で人に伝えることがある。
そして彼も自分の解釈で受け入れる。
だから話が全然噛み合わないことが多く、時間の無駄の繰り返しを何度繰り返したか!

どっちのガススタの近くとか聞かなかったの?

この発言の後、彼の機嫌が一気に悪くなった。
タイムリミットはあと20分。昼休みになると13時まで待たないとならないのだ!!

コピーをしてる間に名前だの住所だのの記入に終えて、すぐに提出できるように準備をした!

ダッシュでイミグレまで戻り5番カウンターに向かう!
何度もイミグレ職員が書類のチェックをして、オッケーをもらった♪

最後に支払い用紙をくれて1か月以内に支払いを済ませたら、イミグレ職員が後日家庭訪問に来るとの事。
いつ頃来る?と聞いたけど、ビザの申請人数しだいだとか。

すげーアバウトー

いつも思う。
ビザ代の高いこと!
この金額ローカルの約2か月分の給料だよ。

スポンサーリンク



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください