バリ島。保護猫うちに来て1ヶ月

12月5日に出会ったのよね。
本当は私12月5日バリ島に居るはずじゃなかったの。空港閉鎖がなければ12月10日までバリ島には居ないはずだった。

もし空港閉鎖がなかったら、もしかしたら猫とは会わなかったかもしれない。
逆を返せば出会うはずだったからこのタイミングだったのか?

怯えていた猫。
猫なんか今まで飼ったことがないから何もわからない。とりあえずなんでもかんでも体重測定は1番大事。
翌日の6日朝に体重測定をして393g。この数字で何もわからないよね。でもきっと猫を飼ってる人にしてみると色んな事が想像できるんだろう。

ウエットの10gすら一気に食べれなかった。10gだよ!10g!
この時、私の頭の中はすずめんの雛でいっぱいだったので本当は猫なんかと付き合ってる時間なんかなかったのだ。猫は実は迷惑だったのだ。犬とも仲良くなれないから隔離しなくてはいけなかったし、隔離するなら私の部屋を提供していたので、夜はベットで寝る事が出来なかったので長椅子で何日も寝た。

こんな迷惑な事本当、今だから言えるけど、
ゆうじさん、なんでこんなやつ噛んで振り回して失神させたのよ!お前が余計な事しなければ
猫はうちをきっと通過して行ったに違いない!

洗濯バケツの中にタオルを入れておしっこウンチをしたらタオルの交換を繰り返した。
目ヤニや手をビッコひいいてて、ゆうじさんがやっちまったことは本当に申し訳ないと元気になるまでと…

野良のくせに妙に懐く。話しかけるとニャーと答える。見つめられる目が何か訴えているような気がしてしばらく合わせなかった。

 

体重測定は毎日行った。はじめの頃は20gも食べるか食べないかのご飯も1ヶ月した本日は50g以上も1日食べる。そりゃー体重はどんどん増えた。うんこを多いと5回する。
これがいいのかどうなのかもわからず日本に居るシロブチさんにラインで確認をする。

猫にしてあげること。
猫にしてはいけないこと。
知らないって事が1番おっかないからね。
知ってる人にしたら普通の当たり前のことでも知らない人からしたら全く知らない。

犬は縦社会だが、猫は横社会。
犬のようにはコントロール出来ない。

私が1番大事にしてるうに。うにに何かあっては困るのでもう早いうちから猫と対面させて
こーゆー人が今うちには居るから!って認識させた。
猫が登場したばかりの時はうにの方が少しだけ大きかった。うにははじめ緊張していたが
段々と自分でうまいように距離をとるようになった。

多分、腹に虫がいるだろうと駆虫薬を2回飲ませた。きたばかりの時、その後2週間目
4キロに対して1錠。450gの時に投薬したので1/8にカット!笑

出来ませんから!小さすぎて!笑

段々とよく食べるようになってからおしっこうんちの回数も増え、バケツの中のタオルを頻繁に洗濯するようになった。仕事が全然暇だったので毎日つきっきりで付き合えたが今後を考えるとそんなこともしてられず、

猫トイレを導入した。

知らないって凄いよね。

猫のおしっこって塊でスコップですくえるのね!!!これ今だに大好きな作業の1つ!
面白い!丸くなったおしっこの塊をすくう!笑

アホかもしれないけど、なんだろう。この辺にあるだろうか?と思いながら砂をガガガガーとすくうとハズレだったりあたりだったり?

猫砂もこれがいいよ!とシロブチさんに言われた通りのものを買う。間違いないあたりだ!
猫砂の扱い方や交換のタイミングや日光消毒とか、すごい勉強になった!
段々と砂が重くなってきたので本日全部の砂を総入れ替えしたら、びっくり!
新しい砂はすごく軽くて、そしてトイレの底にかなり取りきれないおしっこの塊があった!
部屋が臭くなくなった!
麻痺してるって恐ろしい!!

猫って生き物に対して知る事が自分の中で新鮮すぎて!笑

犬は子供の時から家にいたので飼い方やしつけの方法は知ってるが、猫はそんな好きな動物じゃなかった。

犬とも仲良くなってもらわないと困るので、まんじゅはまだ優しいからステップアップには丁度いい!

ワクチン接種してもらいメスだろうと判定された。2回目のワクチンは来週あたりに!

共同生活をするうえで欠かせない。ノミダニ予防。猫のフロントラインは体重の範囲が関係ないらしく、ならば子猫だから2回分つかってやろうかと半分投薬。

爪とぎグッズが必須らしく、それすら知らなかった。このダンボールの爪とぎ。ご飯食べ終わったらよくカリカリしてくれる。お尻持ち上げて前足カリカリの姿は可愛いね♪

動物のルールがあるらしく。ご飯を食べてる時は襲われないし、いたずらもされない。
ご飯じゃないときは、まんじゅは追っかけるし、猫も全身で威嚇する!
でもご飯の時はもう腹が減ってそれどころじゃないらしい。

私の親指と同じサイズの足をしてる。

うちに居るようになるということは必然的にゆうじさんというハードルを超えないとならなかった。ゆうじさんははじめに猫をやっつけた。猫なんて大嫌いなゆうじさん、
何度も何度もほうきでぶっ叩かれて、襲ったらダメ!を叩き込んだ。
猫がまだ体力もなく小さい時は無理だったけど、現在生後3ヶ月。逃げ足も早く、隠れる場所も自分でしっかり把握してる。

まだ人間が居ないとゆうじさんは何をするかわからないので、仕事で人がいない時は外は犬。家の中はうに。私の部屋に隔離で猫。それぞれバラバラに配置。

時にはまんじゅの寝床を占領するほどリラックスしてる猫

数日前は犬たちにおやつをあげてる時に自分も欲しいとやってきた!こーゆー時は絶対に猫に何もあげれない。とにかくゆうじさん優先してあげて彼を気持ちよくさせてあげないと動物たちのバランスが崩れるのだ。
ゆうじさんをおだてて持ち上げてあげると、猫がこんなに近づいても襲わない。

子猫の腹がこんなにも膨れることも知らなかった。
病的に膨れてるからこれが異常だと思った。
そしてものすごい食欲!果てしなく食べさせていいものなのかどうなのか?

おもちゃでもよく遊ぶ。面白いくらい遊ぶ。調子に乗ってるとまんじゅに追っかけられてるのだ

↓本日夕方の体重1053g
この1ヶ月で660g増えたけど。大丈夫か?笑

一緒に寝るまで躊躇した。ベットでおしっこされるんじゃないだろうか?とか
夜中自分の寝返りで潰してしまうんじゃないだろうか?とか

とにかくこの1ヶ月非常に疲れた。猫に疲れた。犬と全く違う動きをするしまだ子供だし
こんな時はどーすればいいんだ。あんな時は何を訴えているんだ?と

彼がチーズと名前をつけた。

ふーん。

私はその名前に納得いかないけど、彼が飼うか飼わないかを決めるので(私は猫は20年生きるのでその20年に責任を持てない。その自信はない)名付けは100歩譲る。

私の中では…

名前は「ちーじゅ。」なのだ!

明日はうにとちーじゅ。の今の関係をアップするよ♪

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村

バリ島。保護猫うちに来て1ヶ月」への4件のフィードバック

    • 小寿ってなんですか?汗
      1ヶ月前は背骨の1つ1つがしっかり触れたのですが今では触れなくなり、これで標準になったかな?と安心しております。トイレも教えたわけじゃないのにちゃんと猫砂にするとか、猫ってすごいな!と驚くことばかりです。鳥と同じでオスのチンチンが中に隠しているって事実にも衝撃でした!

  1. おはよ~
    昨日からずっと読んでいて・・・
    凄く思いの丈が表現されていて、感動したよ!
    読んでいると色々と思い出して涙が出てくる~
    うちの猫姉妹にも早く会いたいけど、チーズにも早く会いたいよ(´∀`*)ウフフ

    • この1ヶ月濃かったなー涙
      空に帰って行った命と必死に生き抜いて来た命、自分の人生の中で猫と縁は絶対にないと思っていたのに人生ってやつは本当わからん!でも来たからには受け入れ幸せに育てるのみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください