バリ島バイクのマフラー溶接とサス交換

スポンサーリンク



私のスープラ君。
サスペンションがもう死んでいたのね。死んでても特に差し支えないし、オフロードのような道を走るわけでないし、放置してたの

そしたらレンタルバイクの予約が入り、慌てて直しに行った。笑

はじめ、ホンダに行ったら、そんな古いバイクの部品はもうないよ!と断られて。笑

ホンダのスタッフも買い付けに行く修理屋に行ったらやっぱりあったね。ここにはまだ
古い純正の部品もちゃんとある!

ピカピカの新品のサスペンションにして、実はマフラーも穴開いていたの。笑

これも知っていたけど、まいいかーって乗っていた。

でも穴が1つじゃなくなった時から大きな音出るようになって、まさかこれはレンタルするわけにはいかず、溶接に出した。

ここのおとーちゃん溶接とか修理とか腕がいい。
3箇所も穴が開いていた!

穴塞いだらスッゲーかっこいい音になった!笑
いや、私的にだけどね。

バッテリーも実は死んでる。笑

バッテリーは死んでてもセルが使えないだけの事なので死んだままでも大丈夫。
もちろんお客様にもそれは説明してキックでスタートしてもらうように了承済み。

16年選手のスープラ君。まだまだ現役です。まだ7万キロしか走ってない。
私が毎日乗ってるバイクなので本当にやばいものは定期的に交換してるし、予約が入ったら最低限のものはスタンバイしてる。

バッテリーは最低限じゃないんだなー私的には。笑
(↑スープラ君以外の他のレンタルバイクのバッテリーは死んでいません。他のバイクはオートマなのでバッテリーが死んだら動かなくなるので定期的に交換しています。)

私が乗ってるギア付きのバイクをレンタルする人はバイクを知っててくれるから大丈夫。

スポンサーリンク



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください