Warung Niwaの廃油でキッチンソープ作ったよ。

スポンサーリンク



持ち帰った廃油はまずこす。

アルカリを入れてかくはんスタートしたばかりの色

だんだんとトレース出てきた感じ

大きなボウルで4本分を一気に仕込んだ。

最後のここ大事ね。道具についてる石けんたちはウエスできれいにまずとる。取れるだけ取る。
その後、キッチンソープで洗う。

この道具についてる将来石けんになる素地はまだただのオイルとアルカリが混じったものなのだ。
石けんになるには約1か月の乾燥と熟成をさせないとならないのだ。

ウエスで拭きとらないでそのまま、台所に流すような事は絶対にしない!

川の水が汚れる!

私が石けん作りを始めたのは、地球に謙虚に生きる。という事が石けんを作る、使うことにぴたったりだと思ったから。それがはじまりだった。

地球を汚すのは人が出すゴミが多くを占めていると思ってる。
合成洗剤は川を汚し海を汚し微生物をも殺せるのだ

昔、ヌガラの彼の畑でカカオの収穫をした後に川で自分の石けんで全身を洗い最後のすすぎで
そのまま川にドボンしたことがある。
小魚が私の周りに集まり石けんかすを食べ始めた。いっぱい小魚がいた。
石けんかすはたとえ小魚が食べても死なない。エサになる。

あの記憶が鮮明に残ってるから私は日本でもバリ島でも自分で作る石けんで全身を洗い
台所で使う洗剤も石けんを使い、
犬や猫を洗う時も石けんを使う。

 

 

知ってた?手作り石けんって合成洗剤のように主婦湿疹になったりしないんだよ。
ゴム手しなくても手荒れもしないんだよ。

なんで手荒れするって知ってる?

肌によくないものが入ってるんだよ。
その肌によくないものが川に流れ川の魚たちが死なないわけがないよね?

私は発信事がうまくない。

こーゆーのは上手な人が角度を変えるともっと広がることなんだろうけど、私は自分一人でもコツコツひっそりやるタイプなのだ。笑

でも今回、WARUNG NIWAさんにお邪魔した時、ふと思ったのだ。

あ、ここも廃油出るよな。

ゴミで投げるくらいなら石けんに変化させて地球に貢献して頂こう!

 

 

キッチンソープとして使う時のご注意!

普段合成洗剤から切り替える場合。タッパのようなプラスチック容器を洗う時はべとべとします。
これは合成洗剤の成分がタッパに付着しててそれが取れるまでは石けんになってるはずの油がべとつくようです。ガラスの容器はプラスチックのようなことは少ないです。
石けんはスポンジに直接ゴシゴシして泡立ててから食器を洗ってください。

ためすすぎは出来ません。必ず流しっぱの水道水ですすいで下さい。

石けんが付いてる食器は滑りやすいのでしっかり持ってください。

キッチンソープとは名前だけで、私は試しで全身で使いました。シャンプーも石けんです。
でも廃油で作ってるから体には…って方もおりますので、キッチンソープとしてWARUNG NIWAさんで販売しております。

成分は廃油(パームオイル)とレモングラスの精油で香りを付けております。

1個6000ルピアです。

皆様もどうぞ地球に謙虚に貢献をお願い致します。

 

※石けんはゴミになるような包装はしておりません。切りっぱなしで均等なカットにもなっておりません。

スポンサーリンク



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください