BNI銀行預金のルピアを日本の銀行に送金してみる

スポンサーリンク

 

 

さて、実験してみました。笑
今まで多くのお客様からの質問にあった内容の1つ。

自分のBNI銀行の口座から日本の銀行に送金できるのか?

 

 

東京にあるBNI銀行からバリのBNI銀行に送金が可能なので、その逆もありだろうと思ってますが、実際やったことないし、違う銀行に送れるものなのか?

 

 

アプリからも可能らしいので、やってみるか…

 

 

↓アプリにログイン。黄色丸タップ

 

↓次の画面の左下の黄色画面タップ

 

↓利用規約を読んで1番下の黄色丸をタップ

 

↓黄色丸の上は自分の口座番号を選択

input baru(新規登録)をタップしてその下の項目を記入。

送り先の国→日本(日本以外も選択可能)

銀行の名前→新生銀行(私が送った銀行なので人によって違います)

送り先の銀行の口座番号

送り先の人のフルネーム

送り先の人の住所

1番下のチェックは送り先の人のデーターを登録するかどうかのチェックです。

私は自分に送ったので一応チェックをいれました

↑この画面はまだ下にスクロール出来て、そのスクロールをしたものが↓下の画面になります

↑チェックをした下はニックネームを書いて、その下は送る通貨と金額を記入

送れる通過はアメリカドル、シンガポールドル、オーストラリアドル、ユーロのみです。

その下の項目は送金手数料は送り側に選択してます。受け取り側に選択させることも可能です。

1番下は送金の理由です。

全部記入をして、lanjutをタップ

 

 ↑再確認の画面が出てきて、パスワードを入れてlanjutをタップ

↓この日の両替所のアメリカドルのレートは14115
↑BNI銀行は14160

 

↓送金が完了しました。

この金額が日本に到着して実際いくらになるのか?

何日かかったのか?

  

 

 

 

楽しみに放置してて。笑

そしたら数日後、電話が来た。

電話を取る。

私は家で独りぼっちだ。

銀行からの電話だった。なんか言ってるけど、さっぱり意味がわからない。

でもなんとなく送金した件でうまく送金出来なかった様な事を言ってる気がした。

私はインドネシア語が分からないと言って。電話を切るしかなかった。

彼が戻ってきて、多分、多分だけど送金が出来ないような感じの事を電話で言われたと伝えたら。

かけてきた電話番号にかけなおしてくれたけど、相手もでない。

かけるのみの電話なんだと彼がいう。

そんなのあるのか?と思ったけど。

そーいうのだから、そーなんだろう。笑

  

  

その後、2週間忙しくて放置していた。

が、このまま12月に入りもっと忙しくなったら大変なので

BNIのコールセンターに電話をかけたら、海外送金は別の番号にかけてくださいと、ジャカルタのコールセンターにかけることになった、事情を説明して、デンパサールの1番大きなBNI銀行に行ってくださいと言われた。

ちなみにコールセンターに電話をした通話料は約300円。高いぜ。汗

 

 

デンパサールの本店に行き、事情を話して、送った30ドルを口座に戻してもらった。その時のレートが1ドル14020ルピアだったので合計420600ルピア。

送金した時は手数料を含めて679680ルピア。

差し引き259080ルピアの損になった。

 

 

ここで黙って損だけするのは悔しいので疑問点をスタッフに確認した

なぜ送金出来なかったのか?

送り先の人のフルネームが書かれていないと言われた。

私がアプリで行った画面がスタッフの机の上の画面で見れたのだ。確かに私はフルネームを書いていなかった。笑

でもこれは確か彼に確認をしながら打ってるので彼が上の名前だけでいいと言ったような記憶もするが…定かではない。

 

 

銀行員の言うには相手先の口座番号とフルネームが正しかったら送れるとの事。

そーだよな。

 

 

そして、この件はリベンジしてもう1度やってみる。

今度は彼の口座から彼の日本の銀行口座に送ってみる。笑

私ばかり損はしたくない。笑

 

 

スポンサーリンク にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

送金をする方はトークンが必要です

スポンサーリンク

  

  

BNI銀行口座を開設して送金を目的とする方はトークンが必要になります

↑左がトークン。右の説明書も一緒にもらえます

説明書の中はこんな感じ↑

やっかいなのは、このトークン、よく在庫切れです。笑
口座開設サポートでクタの支店に在庫がなかったのでスミニャックの支店までトークンだけ貰いに行ったこともあります。

あればいいほうです。
観光客のお客様は短期滞在の方が多いのでその期間で手に入らないこともあります。

そう、ここはバリ島だから、こんなことは普通です。笑

送金はしないで、普通に自分の口座にお金を預けて、バリ島に来たときに小遣いだけ引き出し希望の方はトークンは必要ありません。

  

  

スポンサーリンク にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

BNI銀行口座開設サポートへの質問

スポンサーリンク

  

  

お客様がいい質問をされていたので、ブログに書きます

銀行口座開設と同時にインターネットバンキングを登録し、海外送金が可能かどうか?とのことです。

彼が銀行のスタッフに確認をしました

↓インターネットバンキングで送金先をまず登録する画面です

 ↑赤丸の上をJAPANと選択し、赤丸のPILIH(選択と言う意味です)をタップします

↑このような画面になるので下にスクロールして

例えば、私がみずほ銀行を使ってるのでみずほを選択すると↓

このように赤丸の中にみずほ銀行が勝手に入ってくれます↑

確かに1か月前から↑このような画面があるのですが、銀行スタッフも、海外送金の事について会社の方から説明を受けてないので使えるのかが、わからないと言う答えでした。(2019/7/12現在)

私は日本にみずほの通帳を置いてるので今、バリでみずほの口座番号がわからず。笑
試してみるにもできず。笑


でも多分きっと、この画面があるってことは出来るんだと思うのですが、
銀行スタッフの答えは「わからない」でした!

  

  

  

スポンサーリンク にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ