ボトルのガソリンは入れても大丈夫です

スポンサーリンク



たまに聞かれます。
いや、よく聞かれます。笑

その辺の道端にあるボトルのガソリンって入れても大丈夫ですか?と。

はい、大丈夫です。

観光客の人にしてみるとあんなにどこでもあるボトルのガソリン需要があるのか?と思うでしょう。
ローカルは平気で利用します。
面倒くさがりなのか?
数字がよくわからないのか?

割高だよ!と言っても、1リッターだ!と、やっぱりわかってないなーって返事が返ってくる。

1番いいのはガススタで入れるのがベスト。今のガススタずるいことしてるところいっぱいあるからねー
メーターばかり動いて実際1リッター入ってないとかよくある!
一応あれ国営だからね(ガススタ)

ボトルのガソリン3種類あります(ガススタには4種類扱ってるところもある。ハイオクの上にターボってのが4種類目ね)

黄色がレギュラー
濃い青がハイオク
黄色と青を混ぜた薄い青がレギュラーとハイオクの真ん中の種類。

↓これ真ん中の種類のやつね。薄いでしょ色。

↓下の方の数字見て。750って書いてるでしょ。1リッター入ってないから!

ボトルは大きく見えても中の空洞が小さく出来てるってことね!
気をつけてね!

 

 

 

スポンサーリンク



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

バリ島。レンタルバイクで気をつけること

スポンサーリンク



バリ島の小道は道幅が狭いです。対向車で車が来たときは中央車線を越えて走ってくることがあるかもしれないので気を付けてください

この道は外灯がないので夜は本当に真っ暗になるところです。そしてローカルは道を知ってるので吹っ飛ばすのですが、知らない人が同じスピードで走ると
こうして道がいきなり狭くなるところがあり、ここにバイクが落ちてるのをこの3年で2回見た。

アスファルトの穴も気を付けてください。こっち側から見ると分かりにくいけど

↓これ逆向きからの画像。かなり大きな段差があり、ここも本当危ない!

交差点にはポリスボックスがたまにあります。交通規制をするのがメインですが、ルール違反をしてるバイクは止められてます。
赤信号で停止線をまたいで止まるとか絶対にしないでください。停止線の手前で信号待ちしましょう!

クタの小道にも道路が盛り上がってるところがよくあります。↓ここは白線があるのでわかりやすいですが白線がないと夜スピードを出して走ってると
いきなりアスファルトの盛り上がりでびっくりしますので!
スピードを出さないようにこのようになっています。

2車線あるような国道にはないですが、脇道とかはあります。気を付けてください

バリ島はガソリンスタンド以外でもガソリンはどこでも売ってます。簡易の↓ガソリンスタンドもあれば道沿いでボトルに入ったガソリン(黄色はレギュラー。青色がハイオク)もあります。

日本のようにバリ島は夜になっても街がはっきり見えるような外灯は少ないです。
慣れない道は夜の表情に気をつけてください。
昼間と夜だと本当に道がわからなくなります。グーグルマップで走行すれば間違いないのですが♪

スポンサーリンク



にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ

バリ島で黒のタンクローリー

バリ島でガソリン運んで走ってるタンクローリーって赤白カラーが普通なのに

黒発見!!!

はじめガソリンだと思わなかった!なんかのガス運んでるやつかな?と追っかけてみた

ターボガソリン積んでるんだ!!

かっこいいなー黒!

そいやー新しいガソリンスタンドは白青カラーのところがあるよね。あそこにターボあるよね!

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ
にほんブログ村